トピックス

2011年09月20日

9/24 リズムと味わいと哀愁と~プエルトリコの音楽を聴く

9/24 リズムと味わいと哀愁と~プエルトリコの音楽を聴く

聞き手には本誌編集長の山口誠治が出演する。サルサの本場プエルトリコにはどんな伝統音楽が存在する?サルサのDVDを探り知る夕べとなりそう。


日時:9月24日(土) 15:00-17:30
場所:渋谷ダイニングバーLi-Po Tel: 03-6661-2200
予約: \1800 当日: \2300 w1d
論 者:伊藤嘉章 (音楽ライター)
聞き手:山口誠治 (グラフィックデザイナー、音楽ライター、「SALSA120%」編集長)


カリブ海で4番目に大きな島ながら独立国でない為か、プエルトリコの事はあまり知ら れていないかも知れません。農民/ビバロの音楽、ボンバやプレーナといった島独自の音、ボレーロ、トリオから続く「歌」の系譜、汎カリブ・トロピカルなリズムが大きな魅力です。一方で合衆国の自治州という立場が作る本土とカリブ・中南米の両方への窓口という位置はマンボからサルサ、ポップスへと豊かな影響関係を作り、ジャズ、ロックからヒップホップ、近年のレゲトンに流れるプエルトリコの色を作っています。そんな多彩なプエルトリコの音や映像を紹介。




最新記事:

facebook

Vol.202 冬号 2017年02月号

120vol202.pdf 【表紙】オルケスタ・デル・ソル&オルケスタ・デ・ラ・ルス 【特集】2017今年はどんな一年に?エリック・フクサキ(ボーカル) /鈴木千恵(バイブ)/コンフント・ソブリオ(リーダー坂田) / Julian El PILLO(ボーカル) / SAKURA(パーカッショニスト) / SHIBU(ボーカル)/ 石川勇人(パーカッション) / ダーリン・saeko(ダンサー、キュ...